本文へ移動
受領報告書は現在1ヶ月以上お待ちいただいております
2022-05-13
SDGs活動の一環として、新規のご参加様が多い日が続いておりますが
交換希望・寄附参加の記述がない場合が多く、
確認の為の事務処理に時間がかかり、通常の受領報告書の送信は
発送から約1ヶ月ほどお待ちいただいております。
 
ボトル缶の潰し方を追記しました。
2022-04-09
よくあるご質問に追記しました。

「初めての方はこちらへ」
2022-03-09
一般社団法人 環公害防止連絡協議会のホームページへようこそ。初めてご覧になる場合は「初めての方はこちらへ」のページにて参加の流れをご覧ください。
当会の理事のラジオ放送があります。
2022-03-01
You Tube (かぐやラジオ公式サイト やのやとお姫の何でも言って委~員会)にて楽しいお話を聞くことが出来ます。プルタブの事はあまり出ませんが、「環公防って怪しくない?理事長ってどんな人?」と思われる方は一度お聞きいただければ幸いです。 --奈良本部事務所の事務員より--


ホームページを開設いたしました。スマートフォンでの閲覧にも対応しています!
2022-01-05
このたび、一般社団法人 環公害防止連絡協議会のホームページをリニューアルいたしました。
みなさまのお役に立てるよう、タイムリーな情報発信を心がけてまいりますので、今後とも一般社団法人 環公害防止連絡協議会のホームページをどうぞよろしくお願いいたします。


愛知県の持ち込み先のご協力がありました
2021-11-11
福岡のハローデイ様や全国のマルハンの各店舗様の様に、当会の参加者様の中には
 
近隣の個人様からの持込み分を受けていただいておりますが、本年は
 
愛知県のトヨタカローラ愛豊株式会社様に持ち込み先の依頼を受けていただける事となりました。
 
トヨタカローラ愛豊株式会社様のホームページより、各店舗様のご住所をご確認の上、
 
異物(磁石につく鉄プル等)がない様に確認されたアルミプルタブをお渡し下さい。
 
 
 
福祉用品の変更について
2021-03-05
200Kgで交換となっていた立ち上がり補助杖は廃番となりました。
 
福祉用品の変更について
2020-11-16
昨年より、車椅子以外の福祉用品交換が可能となっておりましたが、100Kgで交換となっていた
杖が廃番となり、交換は本年末までのお伺いとさせていただく事になりました。
切り替え用品として、より軽量のカーボン製の杖と介護に多くご利用できる様に
立ち上がり補助杖・前腕部支持型杖も交換品とさせていただきます。
 
「送られるアルミ重量で運賃を精算可能な場合」のみ着払いをご利用できます
2020-09-04
ヤマト運輸様の「着払い」の送り状にてアルミ資材をご発送される場合、
かかる運賃分を精算できるアルミ重量を送って頂く必要があります。
 
「宅急便の送り状の場合」
・アルミ重量を25kg分送られる場合は 運賃2000円分が精算可能
・  〃   20kg   〃       1600円分が精算可能
・  〃   15kg   〃       1200円分が精算可能
 
となります。(重量×80円)
 
15kg以下で着払いをご利用された場合は、当会が負担しての料金精算となりますので
少ない重量の場合は元払いで、着払いをご利用される場合は
20kg~25kgにてご発送されますように、ご理解・ご協力をお願いいたします。 
 
また、50kg以上などまとめて送られる場合は、ヤマト便のご利用も可能となる場合が
ございます。見積を取られた後に、本部事務所へご相談下さい。
 
詳しくは「送り方案内しおり」の5ページ目 ”送り方①着払い” をご参照下さい。
匿名で寄附された方へお礼を申し上げます。
2020-05-20
ご自宅でお過ごしされた方から
「断捨離していたらプルタブがあったので送ります」
「今回だけですが送ります」
と、寄付でのご参加が多く届いております。
ですが、お名前・ご住所等のご記入がなく、お礼状を差し上げることが出来ない方が
2月以降、40件以上ございます。
申し訳ございませんが、この文面にてお礼申し上げます。
 
 
 
クリックでヤマト運輸ホームページへ

 
プルタブ・アルミ缶回収運動で車椅子を!
   一般社団法人
   環公害防止連絡協議会

事務局
〒639-1054
奈良県大和郡山市新町898-8
TEL.0743-89-0479
FAX.0743-89-0614

アルミの送り先・持ち込み先
〒669-1401
兵庫県三田市小柿26
TEL.080-3828-0479

「プルタブ・アルミ缶回収運動」で
 車椅子を!
この運動は「公害を生み出さない人づくり」と「空き缶散乱公害をなくす」ことを目指しています。
ものを大切にすることを通て、資源を保護し、人にやさしく、身の回りの環境を住みやすいものにしようとするものであります。

小さな子供さんからお年寄りまで「誰もが参加できる運動」であり、公害を防ぎ街をきれいにし、地球上のゴミ問題や福祉・環境問題を解決する大きな手がかりともなります。
人々のきずなを強め、平和の大切さを考える糸口ともなります。
この運動は一人一人の小さな協力の積み上げによって大きな成果が得られます。
8
0
3
9
9
7
TOPへ戻る