本文へ移動

名古屋なるこ道院②様

車いす贈呈式の様子

「プルタブを集めて車椅子を贈ろう」という運動が、99年の錬成大会以後一人の父兄からはじまり、現在では 名古屋なるこ・名古屋平手・名古屋神の倉の各道院の拳士はもちろん、春日井鷹来道院の皆様や長根台学区の関係者に輪が広がって、多くの方々のご協力により推進されています。
車椅子を1台いただくのに約800キロのプルタブが必要ですが、信条第2項の「われらは愛民愛郷の精神にのっとり、世界の平和と福祉に貢献せんことを期す。」を実践するために、自分たちにできる小さなことからはじめようとこつこつと集めてきたプルタブが、目標の800キロ集まり、車椅子と交換することができました。

目標達成にご協力いただきました皆様方に感謝致します。
車椅子は、名古屋市緑区社会福祉協議会に贈呈させていただき、身体の不自由な方のお役に立てて頂きます。
クリックでヤマト運輸ホームページへ

 
プルタブ・アルミ缶回収運動で車椅子を!
   一般社団法人
   環公害防止連絡協議会

事務局
〒639-1054
奈良県大和郡山市新町898-8
TEL.0743-89-0479
FAX.0743-89-0614

アルミの送り先・持ち込み先
〒669-1401
兵庫県三田市小柿26
TEL.080-3828-0479

「プルタブ・アルミ缶回収運動」で
 車椅子を!
この運動は「公害を生み出さない人づくり」と「空き缶散乱公害をなくす」ことを目指しています。
ものを大切にすることを通て、資源を保護し、人にやさしく、身の回りの環境を住みやすいものにしようとするものであります。

小さな子供さんからお年寄りまで「誰もが参加できる運動」であり、公害を防ぎ街をきれいにし、地球上のゴミ問題や福祉・環境問題を解決する大きな手がかりともなります。
人々のきずなを強め、平和の大切さを考える糸口ともなります。
この運動は一人一人の小さな協力の積み上げによって大きな成果が得られます。
8
5
4
1
0
9
TOPへ戻る